【全世界注目】仕事や作業中につかれて休むのは悪いのだろうか?

日記

【全世界注目】仕事や作業中につかれて休むのは悪いのだろうか?

みなさん、こんにちは!名無しの権兵衛です。

みなさんは仕事や作業をしている時、やり始めは高い集中力で仕事や作業に取り組めてますが、だんだんと集中力が落ちていったりしませんか?

こちらのグラフをご覧ください。

このグラフは人の集中力を表したグラフです。

作業を始めてから30分間は集中力が上昇しますが、そこをピークに下がっていきます。

そして作業を始めてから一時間が経つと、集中力が0に落ちます。

疲れが出始めるということですね。

そのため、ここで休みをとるという方がいると思います。

しかし中にはキリが悪いから休まなかったり、二時間作業だから休めないなど

色々理由があると思います。

では本題に入ります。

仕事や作業が途中なのに疲れて休むのは悪いのだろうか?

この悩みをわが探偵事務所では解き明かしていきます。

sherlock holmes silhouette in studio on white background

休んだ方がいい!!

→結論から言わせていただきますと、『休んだ方がいい!!』です。

理由は仕事や作業の成果が落ちるし、時間がムダ。だからです。

皆さんも集中力が落ちると作業を進めるペースが以前より遅くなったなぁと感じたことありませんか?そしてダラダラと作業をし、だんだんと嫌な気分になったことありませんか?

その状態が続くと気持ちが悪くなるし、時間も無駄に使うことになりますよね。

引きずってしまい、なかなか仕事や作業に集中することが難しくなると思います。

ですから、15分でも30分でも一時間以内なら何分でもいいと思います。

仕事や作業、勉強をするときは最初に時間を決めてから取り組んだ方が作業効率が良くなると思います。そうしたほうがいいですよ、絶対!

やったことの質が変わると思いますから。

ですから、今長時間作業を取り組んでる方はキリが悪くても決めた時間が来たらやめることをおすすめします。

以上がわが探偵事務所で解決した『【全世界注目】仕事や作業中につかれて休むのは悪いのだろうか?』の結果です。

限られた時間内で高い成果を出せることを期待してます。

ぜひ参考にされてください。それでは、よい一日を。

タイトルとURLをコピーしました