【世紀の大発見!】お腹が鳴る(空く)仕組み、あなたは知ってますか?

日記

【世紀の大発見!】お腹が鳴る(空く)仕組み、あなたは知ってますか?

→皆さん、こんにちは!名無しの権兵衛です。

皆さんはお腹が(空く)鳴る仕組みを知ってますか?

運動したあととか、頭を使ったあととかそういう時ってよくお腹が空きますよね?

なぜお腹が空き、鳴るのか?

その謎をわが探偵事務所で解明していこうと思います。

sherlock holmes silhouette in studio on white background

お腹の鳴る(空く)仕組みを解説します

→まずお腹が空く仕組みを解説します。

・・まずなぜお腹が空くのかというと、脳の中にお腹が空くことを感知するセンサーがあります。この感知する部分を「飢餓(きが)中枢」と言い、血液中の『グルコース』と呼ばれる砂糖の一種を感知する役割を果しています。頭を使ったり、運動したりすると、この『グルコース』が減ってしまいます。『グルコース』が極端に減ってしまうと、脳内の神経細胞が死んでしまい、極限状態にまで陥ってしまいます。そのため、この飢餓(きが)中枢が食事をとるように指示します。これがお腹が空く仕組みです。

→最後にお腹が鳴る仕組みを解説します。

・・最後にお腹が鳴る仕組みを解説します。下の図をご覧ください。

上の図にあるように、お腹が鳴る場所としては『消化管(小腸)』と呼ばれる場所で鳴ります。この消化管(小腸)で食べ物が消化され、「空腹状態」になります。

しばらくすると収縮運動が始まり、胃から徐々に消化管全体へと伝わります。

この収縮運動がおこることによってお腹が鳴るのです。気体が多いほど、音が大きく鳴ります。

以上がわが探偵事務所で調べた『【世紀の大発見!】お腹が鳴る(空く)仕組みあなたは知ってますか?』結果です。

もしお腹が空いたりしたら、チョコでも何でもいいので空腹を満たすために何か取りましょう。

ただし!食べすぎは良くないです。食べすぎると眠くなったりしますので、チョコ一つか、パンかおにぎり一個食べるようにしましょう。

それでは、よい一日を。

タイトルとURLをコピーしました