【必見】糖尿病の疑いのある方、糖尿病の最新情報をご紹介します

日記

【必見】糖尿病の疑いのある方、糖尿病の最新情報をご紹介します

みなさん、こんにちは!名無しの権兵衛です。

みなさんは『糖尿病』がどんなものかご存知ですか?

糖尿病』とは・・

糖尿病とは、血液中の血糖が慢性的に多い状態となり、血糖値が高くなる病気です。血糖値を下げる唯一のホルモンであるインスリンの作用不足によって起こります。糖尿病の発症には遺伝的な要素がみられますが、生活習慣病のひとつです。多くの場合、食生活や運動不足、肥満などに起因します。

糖尿病を無治療のまま放置すると、心筋梗塞や脳梗塞など緊急度の高い病気だけでなく、3大合併症といわれる糖尿病(性)網膜症、糖尿病(性)腎症、糖尿病(性)神経障害(糖尿病性ニューロパチー)にかかるリスクが高まります。

血液中の糖分が多くなり、その血糖値を下げるホルモン(インスリン)の作用不足により起こる症状みたいですね。

血糖値を下げるメカニズムは下の図で解説しますね。

・・上の図より、血糖値が上がると、すい臓から血糖値を下げるホルモン(インスリン)が出て、血糖値を下げる仕組みになってますね。

では、なぜ『糖尿病』になるのでしょうか?

その原因と初期症状をわが探偵事務所では解き明かしていきます。

sherlock holmes silhouette in studio on white background

【原因】

糖尿病には大きく『一型』と『二型』があります。

一型糖尿病

1型糖尿病は、「自己免疫性」と、原因がわかっていない「特発性」に分類されます。

自己免疫性の1型糖尿病は、体の免疫システムが関連して、膵臓のβ細胞が何らかの原因で破壊されることにより発症します。1型糖尿病の大部分は自己免疫性のものであり、発症には遺伝的要因とともに、さまざまな環境要因(内服薬・食事・腸内常在菌の構成・ミルクや母乳・日照時間など)が関係すると考えられています。

二型糖尿病

2型糖尿病は糖尿病全体の90%以上を占め、最も多いとされています。2型糖尿病の原因には、遺伝因子と環境因子があります。糖尿病発症と関係のある遺伝子によって、糖尿病を発症するリスクは高くなります。

環境因子では、運動不足と、食生活の欧米化による脂質摂取量の増加が指摘されています。また、栄養バランスの偏った食事や不規則な食生活も関係しています。さらに、近年では、大麦や雑穀等の摂取量が激減したことによる食物繊維の摂取不足と、慢性的なマグネウムの摂取不足が、発症要因に関与していることが着目されています。 

他の病気や状態に伴う糖

・・慢性膵炎(インスリンが出るすい臓が慢性的に炎症になること)や妊娠した場合でもなるみたいですね。

妊娠をきっかけに発症した糖尿病を妊娠糖尿病と呼びます。妊娠中は、インスリン作用を打ち消す「胎盤性ホルモン(インスリン拮抗ホルモン)」の産生・分泌が増えます。特に妊娠後期はインスリン作用が正常にはたらきにくく、軽度の糖代謝異常が起こりやすくなりま

⇒普通になるとしたら、生活習慣の乱れが多いと思いますね。食生活が一番のところですね。

初期症状

疲れやすい

⇒インスリンが不足すると、ブドウ糖がエネルギーにうまく転換されにくくなるので疲れやすくなります。脳にもエネルギーがいきません。ですから、疲れたり、イライラしやすくなります。

太る

⇒ブドウ糖がエネルギーに転換されにくいため、ブドウ糖が貯まってしまいます。

そのため、ブドウ糖が脂肪細胞に吸収され、太りやすくなってしまいます。

のどがかわきやすい

⇒のどが渇きやすくなりますね。 血糖値が高くなると血液はドロドロとして濃くなります。この状態は脱水状態と脳に判定され、水を飲むように脳から指令が出るのです。指令通りに大量に水をのみ、腎臓から尿として大量に排泄されるので、尿の回数も増えます。

足にしびれやむくみが起こりやすい

⇒神経障害の影響で、足に軽いしびれやむくみなどが起こることがあります。

尿の回数や量が増える

⇒腎臓の機能が悪化するため、トイレが近くなったり、尿の量が多くなることがあります。

食欲が異常に増進する

⇒血液中に異常に増えたブドウ糖を処理しようとしてインスリンが多く分泌され、食欲が増進します。症状が悪化してくると、ブドウ糖をエネルギーとして吸収できなくなった体が、代わりのエネルギーとして体の筋肉や脂肪をエネルギーに変えようとするので、急激に痩せてしまうのです。

視力が落ちて矯正しにくい

⇒血行障害などが原因で視力が低下したり、かすんだりします。糖尿病性の視力障害の場合には、メガネやコンタクトレンズで矯正しにくいという特徴がみられます。

以上がわが探偵事務所で解明した『【必見】糖尿病の疑いのある方、糖尿病の最新情報をご紹介します』の結論です。

もし糖尿病かなと思ったら、すぐにお医者さんに相談されてください。

ちょっとしたことでもいいので、行った方がいいですよ。後になって、目が見えなくなってからでは遅いですからね。

早めの対処が肝心です。すぐ近くのお医者さんに駆け込みましょう。

それでは、よい一日を。

タイトルとURLをコピーしました