【グロ注意】脱毛は正しくやらないとダメですよ!正しい方法とは?

日記

【グロ注意】脱毛は正しくやらないとダメですよ!正しい方法とは?

みなさん!こんにちは!名無しの権兵衛です。

皆さんは毛を剃る(抜く)ときに誤って、出血しちゃったことってありますか?

ちゃんと脱毛しないと、肌が荒れてきますからね。

わがサイトでは正しい脱毛処理を調査してきたので、ご紹介していきますね。

sherlock holmes silhouette in studio on white background

ムダ毛を抜く(剃る)前には前処理が肝心です。

⇒まずムダ毛を処理する前には前処理をしていきましょう。

乾いた肌のままやると、炎症や出血の原因になりますからね。自分で脱毛したあと、よく赤くなったりしていませんか?なぜかと言うと、毛が生えているところには毛穴というものがあります。下の図を見てみて下さい。↓

上の図にあるように普段は1のような状態になっています。毛穴は普段、毛ですっぽりハマってる状態になっております。ですから毛が簡単に取れない状態になっています。そのため、無理やり剃ったり抜いたりすると、脱毛したあと、肌が赤くなってしまうんです。ほっぺたとか無理やりつねると赤くなるでしょう?あんな状態になってしまうんですね。ですから、毛穴を開かせる必要があるんですよ。

毛穴を開かせる方法としては、

ムダ毛を抜く部分の肌を蒸しタオルなどで温めておくと良いでしょう。

湯気などで温度を上昇させることで、血行が良くなり、通常状態よりも毛穴が開かれた状態になります。

毛穴を開くと無理に力をかけなくても毛が抜けやすい状態になるので、皮膚への負担や毛穴が受けるダメージを軽減できます。

そして!脱毛を行う前には必ず手足を清潔にした状態で行うようにしてください!

特にムダ毛を処理した後の毛穴は刺激に弱く、ウイルスや細菌が入りやすい状態になっています。

脱毛器(毛抜きや毛を剃る器具)もアルコールや消毒液などで、消毒してから使用する方が、細菌の繁殖による皮膚のトラブルを防ぐためにはおすすめです。

毛を剃る場合はシェービングクリームを塗ろう。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は shutterstock_2547358151-1.jpg です

⇒ムダ毛を剃る場合、主に「カミソリ」や「電気シェーバー」を使用することが主ですよね。処理時間が短時間で済むため、多くの方が実施している脱毛処理法です。いずれの場合も金属製の刃を使用するため、カミソリ負けによる肌トラブルを引き起こしやすいことがデメリットとして挙げられます。
そのため、カミソリや電気シェーバーでムダ毛処理を行う場合には、刃とお肌の間に起こる「摩擦力」を極力抑えることが重要です。ですから、シェービング剤やボディソープなどを使用して処理を行ないましょう。間違っても乾いた肌に刃を当ててはいけません。また、刃が錆びていたり汚れていたりすることによっても、肌トラブルが起こりやすくなるため、刃が清潔かどうか、処理前に確認しておきましょう。

ムダ毛を抜く場合の注意点

⇒ムダ毛を抜いて処理する場合は 毛抜きや脱毛器などを使用 しましょう。

抜く場合、毛根ごと無くすことになります。そのため、剃る場合は皮膚より下部分は残ります。

しかし、勢いよく引き抜いてしまうと、抜いた毛の周辺の皮膚組織にダメージを与えてしまいます。その結果、肌の中に毛が埋まる「埋没毛」が起こりやすくなり、毛穴が広がってしまう可能性もあります。そのため、抜いてムダ毛処理を行う場合には、入浴後の身体が温まり、毛穴が柔らかく毛が抜きやすい状態になっている際に行いましょう。また、抜く際にはただ毛を引っ張るのではなく、皮膚を抑えながら抜くことで、皮膚や毛穴にかかる負担を抑えることができます。

上の図のようにまっすぐ一本ずつ抜くようにしましょう。白い液体みたいなのが出てきたら合格です。

アフターケアも大事です。

⇒脱毛が終わったら、皮膚の炎症や脱毛のため開いた毛穴を引き締めるために皮膚を冷やすのが効果的です。

細菌が入らないようにするため、清潔な水で冷やしたタオルやアイスシートなどを使うと良いでしょう。

また、冷却後には必ずはだへの保湿ケアを忘れずに行い幹部へのダメージを最小限にするように心がけましょう。

脱毛した箇所には触れるな!

⇒脱毛後の肌は敏感なため、皮膚トラブルもおこりやすい状態になっています。

もしウイルスや細菌などが毛穴に入ってしまうと大きな肌トラブルを引き起こす可能性もあるため、一度脱毛した後の毛穴は必要以上に触れないようにする方が良いでしょう。

以上がわが探偵事務所で解明した『【グロ注意】脱毛は正しくやらないとダメですよ!正しい方法とは?』の解明結果です。

皆さんも正しい脱毛方法で、肌が赤くならないように気を付けて行いましょう。

それでは、よい一日を。

タイトルとURLをコピーしました