【超速報】天気の子に隠された秘密を明らかにします。天気の秘密。

日記

【超速報】天気の子に隠された秘密を明らかにします。天気の秘密。

みなさん、こんにちは!名無しの権兵衛です。

みなさんは天気がなぜ変わるのか知ってますか?

『晴れ』、『曇り』、『雨』、『雪』などがありますよね。

なぜこんなにも天気には変化があるのでしょうか?

わが探偵事務所ではその謎を解明していきます。

sherlock holmes silhouette in studio on white background

地球の周りを取り巻く環境を説明します。

⇒まず天気にはなぜこんなにも変化があるのか説明しますね。

私たちが住んでる地球は下の図のようになっております。

上の図を見てわかるかもしれませんが(わからなかったらすいません)、地球は大気と呼ばれる膜に覆われています。

そして、下の図を見てください。

上の図を見て分かるように、太陽が地球に向かって、光線を放っています。

他にも惑星や小惑星があったりしますが、地球の周りはこんな感じになっています。

天気に変化がなぜあるのか説明します。

次に天気が変わりやすい説明をしていきますね。

わかりやすい説明が書いてあるサイト( https://www.yonden.co.jp/cnt_kids/science/weather/001-p01.html )がありましたので、引用させていただきました。

なぜ天気は変わるの?

⇒天気が変わるのは、地球の自転(地球が自身の地軸の周りを回転すること)や地球の表面をおおっている大気が動くからだといわれています。

  1. 太陽の熱によって海や川が暖められ蒸気(じょうき)になります。
  2. さらに暖められた蒸気は水分がなくなって軽くなり上空へあがります
  3. 空の高いところや太陽の光があたらないところの空気は、冷やされて水分を多く含(ふく)み、雲となり、やがて雨や雪となって地上にふります。
  4. 地上にふった雨や雪はまた、川や海の水となります。

このように海や川、空気中の水分が太陽に暖められたり、冷やされることで、大気の循環(じゅんかん)がおこり、天気の変化がおこっているのです。

雪はどのようにしてできるのか。

⇒雪はどのようにしてできているのかは下の図がわかりやすいと思いましたので、下の図を参考にしていただいたらと思います。とあるサイトの画像を使わさせていただきました。

『晴れ』とはどのような状態を言うのか

⇒気象庁によるとこのような基準でつけているみたいですね。

天気の晴れの定義は空に広がっている雲の量を目視で判断して、全天の8割以下が晴れとなります。
雲の量が9割以上は曇りとなります。雲の量が1割以下は快晴です。

快晴 : 雲の量が1割以下
晴れ : 雲の量が8割以下
曇り : 雲の量が9割以上

そもそもなぜ空は青いの?

⇒この謎も解き明かしていきますね。気象庁のホームページから引用させていただきました。

太陽光は、人間の目で感じることができる様々な色(波長の短い方から順番に、むらさき、青、緑、黄、だいだい、赤)の光を含んでいます。晴天時には、太陽光は地球の大気を通る時に空気分子によって散乱されますが、空気分子の大きさは光の波長に比べて非常に小さいので、波長の短い光がより強く散乱されます。波長の一番短い紫色の光は、空の高いところで散乱されてしまい、地上に届く量は少なくなってしまいます。このため、晴天時の空を見ると、強く散乱された波長の短い光のうち、地上に届く量が多い青色の光が強調されて、青く見えることになります。また、夕方は太陽が地平線に近いので、太陽光が大気を通過する距離が長くなり、波長の短い光は途中で散乱されてしまい、波長の長い赤色の光が多く地上に届きます。このため、夕焼けは赤く見えます。

以上がわが探偵事務所で解明した『【超速報】天気の子に隠された秘密を明らかにします。天気の秘密。』の調査結果です。

天気が変化するのは地球の環境が影響しているから、変化が多いのですね。

皆さんもお出かけやお洗濯する際は十分、天気を確認してから行うようにしてください。

それでは、よい一日を。天気の確認も忘れずに。

タイトルとURLをコピーしました