【経営者必見!】会社が経営不振になる理由を教えます。

日記

【経営者必見!】会社が経営不振になる理由を教えます。

みなさん、こんにちは!名無しの権兵衛です。

経営者の方や、今から起業しようと思っている方に聞きます。

会社を経営していくうえで、経営がうまくいっている時といってない時ってありますよね。

なぜこのような時があるのか分かりますか?

わが探偵事務所では、その謎について解き明かしていきます。

sherlock holmes silhouette in studio on white background

自分たちが提供しているサービスや商品の需要がないから

まずこれですね。自分たちが提供しているサービスや商品が時代の流れに合っていないということがありますね。

例えば、新聞などがいい例ですね。今やネットさえ使えば、世界中の情報をすぐに手に入れることができますから、必然的に新聞を読む人が減っていきますよね。

ですから、そのときによって、必要とされるものを常にリサーチし、今後必要となるものや流行るものに対して、常にアンテナを張らないと、会社や企業などを維持することはできません。

マーケティング、超大事です。

人手不足

⇒これも挙げられるでしょうね。

例えば、業務を拡張したり、新規事業を行う時は人手がいりますよね。しかし、募集をかけても、人手が集まらなくては行うことができません。

また、その新規事業を行う際にも、その事業ができる人間がいないと、行うことができませんよね。

そのため、事業を起こすことができず、会社や企業を成長させることができないため、経営不振になることもあります。

取引先の倒産

⇒会社や企業を経営するときは色んな取引先とうまくやらないといけません。

自社のサービスや商品を提供することで、利益を得る場合が多いと思います。

例えば、

A社「パソコンが100台欲しい!そうだ!B社のパソコン、評判いいから、B社に発注しよう!」

B社「ありがとうございます。では、こちらが金額と商品ですね。」

とこんな感じで取引しますよね。これによって、B社は利益を得ます。

そして、B社には他にも多くの取引先がありますが、A社が大きな取引先だとします。

あるとき、急にこのA社が倒産すると、B社にとってどう影響を与えると思いますか?

大打撃ですよね。利益がガクンと下がります。それによって、経営不振になり、最悪倒産になる可能性があります。

経営者の放漫経営

⇒これもありますね。経営者が成長意欲のない人だったら、どんどん時代の荒波に飲まれ、提供しているサービスや商品の需要がなくなっているのがわからないままですからね。あと、経営のことにはほとんど関与せず、旅行や遊んでばかりいる。そして、学習意欲がない。

こういう経営者では会社や企業をつぶしかねません。

成長意欲や従業員のことを考えられない経営者は経営者として、失格だと思いますね。

信用を失う

⇒その会社や企業で不祥事や、商品やサービスに何か欠陥やトラブルでもあったら、信用を失いますよね。

信用を失うと、そのサービスを使う人はどんどん減っていきます。

それによって、利益を大幅に減らす場合がありますからね。

ですから、常に改善を怠らずに、お客様からの信用を失わないようにしないといけません。

以上がわが探偵事務所で解明した『【経営者必見!】会社が経営不振になる理由を教えます。』についての結果です。

今経営者の方、これから経営者のなる方は次のことに気をつけていきましょう!

それでは、よい一日を。

タイトルとURLをコピーしました