【衝撃!】世界初!脳梗塞の正体を明かします。

日記

【衝撃!】世界初!脳梗塞の正体を明かします。

みなさん、こんにちは!名無しの権兵衛です。

みなさんは『脳梗塞』という言葉を耳にしたことはありますか?

脳梗塞とは・・

日本人の死亡原因の第4位が脳の血管の病気(脳血管疾患/脳卒中)なのですが、その多くが脳梗塞です。脳梗塞をいったん発病すると、たとえ命が助かったとしても、多くの場合、麻痺などの後遺症が残ってしまいます。

 脳梗塞は文字どおり、脳に梗塞が起きる病気です。梗塞とは、ある部分で血液の流れが止まってしまい、必要な血液を得られない箇所の細胞が死んでしまうことです。脳の細胞はほとんど再生しないので、脳梗塞で失われた機能は取り戻せません。ですから命が助かっても、後遺症が残ってしまうのです。

http://www.seikatsusyukanbyo.com/guide/cerebral-infarction.php

みたいですね。なかなか恐ろしい病気ですね・・。

では『脳梗塞』になぜなるのでしょうか。また、どうすれば予防できるのでしょうか?

わが探偵事務所ではその謎について解明していきました。

sherlock holmes silhouette in studio on white background

原因

脳梗塞は大きく分けて、二つ由来があります。それは『 脳の血管そのものに起こる動脈硬化(脳血栓症) 』に由来するものと、『心臓』に由来するものです。下で解説していきます。

脳の血管そのものに起こる動脈硬化(脳血栓症)

→(発症する流れ) 脳の動脈硬化が進んで血管の内部が狭くなり、血液の流れが悪い部分ができていると、ちょっとした血圧の変化などをきっかけに、その部分に血栓(血の塊)ができて、血液の流れを完全に塞いでしまうため、発症する。

心臓由来の脳梗塞

→ (発症する流れ)代表的な不整脈である心房細動の結果、心臓の中にできた小さな血栓が血液の流れに乗って脳の血管に運ばれてきて、そこで血流を塞いでしまう(脳塞栓症)ため、発症する。

要因となるもの

食生活の欧米化(メタボリック症候群)

過剰な塩分摂取

運動不足

糖尿病

脂質異常症(高コレステロール血症、高トリグリセリド血症)

喫煙

大量の飲酒

ストレス

心房細動などの不整脈

加齢

症状

  • 顔がゆがむ、表情がつくれなくなる
  • 片腕、片足が動きづらくなる、歩きづらくなる
  • ろれつが回らなくなる、言葉が出てこなくなる

・・時間がたつにつれて悪くなるので、気づいたらすぐに病院に行くか、救急車を呼びましょう。

検査法

頭部CT、および脳MRIの検査 →  脳卒中が起きているのかどうかを確認 MRという装置を用いて脳の梗塞部位、範囲などを調べます。ときにCT検査で行うこともあります。

血管内カテーテルを用いた脳血管撮影 詰まっている血管の状態を調べます。

予防法

⇒ 脳の血管の中で血栓や塞栓が血流を止めてしまうのが、脳梗塞の原因 です。

血栓ができにくいように、血液を固まりにくくしておくことが、脳梗塞の予防につながります。 つまり、血液がサラサラな状態に常にしておけば問題ありません。

血液をサラサラの状態にするには以下の方法が挙げられます。

こまめに水分を補給 。

危険因子である高血圧や脂質異常症(高脂血症)、糖尿病などをきちんと治療する 。

禁煙

心房細動など、不整脈の管理 、 血液を固まりにくくする薬 (抗凝固薬)を処方してもらう。

これらが予防策として挙げられますね。

以上がわが探偵事務所で解明した『【衝撃!】世界初!脳梗塞の正体を明かします。』の解明結果です。

皆さんも、手足がしびれたりとか麻痺、ろれつがまわらなくなったなどの症状が出たらすぐに病院に駆け込まれてください。

早期発見が最悪の事態を避けることができます

それでは、よい一日を。

タイトルとURLをコピーしました