自己流は事故の元。わからないのに自分でやると痛い目に合うよ

日記

自己流は事故の元。わからないのに自分でやると痛い目に合うよ

みなさん!こんにちは。名無しの権兵衛です。

皆さんは何かを学ぶとき、『自己流』でされてませんか?

自己流とは・・

他から教えられたのでない、自分だけの独特のやり方。我流

という意味です。

自己流でいい時もありますが、ダメな時もあります。

それはどういった時で、なぜなのか?

わが探偵事務所ではその謎について解き明かしていきます。

sherlock holmes silhouette in studio on white background

決まったやり方がある時はその通りにやったほうが上達しやすい

仕事や道具を使う時に、何か決まったやり方があるのであれば、そのやり方に従ってやったほうがいいですよ。自己流でやっていくと、上手くいくまで時間がかかるし、最悪怪我するかもしれませんよ。職場だと、疎外されますよ。やり方があるのであれば、ちゃんと聞いて、やっていきましょう。

成長スピードが遅くなる

自己流でやると、人より成長スピードが遅くなる場合があります。わからないのに自分で考えてしまうと、時間が無駄に過ぎます。詳しい人や先輩に聞けば、すぐに解決しますよ。時間は有限ですからね。詳しい人に聞きましょう!

危険物を扱う作業の時は自己流はダメ!

危険物を扱う時は絶対自己流はダメですよ!例えば、包丁やチェーンソーを使う時は一人で勝手に使ってはいけません!使い方になれてる方と一緒にやりましょう。ホント、勝手なことをやっていると、けがして病院送り、最悪死にますよ!誰かと一緒にやりましょう。

起業の場合は自己流でオッケー

起業に関しては自己流でオッケーだと思いますね。まあ人に聞きながらやるということも大切ですが、アイディア自体は自分で考えなくてはならないところがあると思いますね。

ですから、わからない書類手続きなどは人に聞き、どのように事業を展開していくかは自己流でいいと思いますね。思いつかないなら、コンサルティングを使うのもありだと思いますね。そこのところは自己判断でお願いいたします。

以上がわが探偵事務所で調査した『自己流は事故の元。わからないのに自分でやると痛い目に合うよ』の結果です。皆さんもなるべく、自己流ではなく

詳しい人が身近にいるのであれば、その人に聞きましょう。もしいないのであれば、本でもいいし、ネットで調べるの手段です。

決して、自分勝手にやるのはやめておきましょう。

自己流=事故る』。

これを肝に銘じて、詳しい人に聞くようにしましょう。

それでは、よい日を。

タイトルとURLをコピーしました